賃貸マンション管理の基礎知識と注意点

更新日:

賃貸マンション管理といっても、家主様やオーナー様によってそのスタイルは様々です。最近では、一括借り上げで管理をすべて管理業者にお任せしている方もいれば、自ら積極的に管理業務に携っている方もいらっしゃると思います。複雑な管理業務をトラブル無く適切に行うためにも、賃貸マンション管理の基本を見直してみてください。

賃貸管理

賃貸マンション管理の主な業務

・ハード面の管理
管理業務におけるハード面の管理とは、「建物」そのものの管理・マネジメント業務を指します。建物の美観維持や設備の保守管理、法定点検、修繕計画の立案・実施、原状回復工事やリフォームなどの業務を担います。建物は日々の生活や雨風などの外的要因によって、徐々に劣化していきます。長期間空き部屋だったとしても、経年劣化の影響で設備に不具合が生じる場合もあります。ハード面の管理が行き届いていないと、入居希望者にマイナスイメージを与えて、成約が遠のいてしまう可能性もありますので、安定した賃貸マンション経営を続けていくためにも、定期的な点検と管理が必要です。

・ソフト面の管理
業務におけるソフト面の管理とは、「入居者」に関する管理・マネジメント業務を指します。入居者募集業務や毎月の家賃管理、入居者やご近所からのクレーム対応、契約の更新や解約の管理など、様々な業務があります。ハード面が建物や設備に関する業務なのに対し、ソフト面は人に関わる業務がメインとなりますので、適切な管理が行えていないとトラブルに発展する可能性も高いです。また、ソフト面の管理が適切に行えていると、賃貸物件からの安定した収益が見込め、設備のグレードアップやお部屋のリノベーションなどの工事も出来ます。つまり、ハード面の管理とソフト面の管理は相互関係で成り立っているのです。

 

賃貸マンション管理で気をつけて欲しい事

ハード面の管理とソフト面の管理をする上で、やはり気になるのがトラブルです。賃貸マンション管理では、騒音トラブルや建物・設備の不具合、契約違反、管理費トラブルなどの様々な事態に対応していく必要がありますが、その中でも退去時のトラブルにはお気をつけください。入居者が退去する場合、退去立会いをして対応が必要な箇所の特定や費用負担の割合などを説明しておかないと、敷金精算の際にトラブルが生じる可能性があります。原状回復工事をスムーズに行うためにも、国土交通省が発表しているガイドラインに沿って的確に判断する事が大切です。

 

大阪で原状回復工事をご検討なさっているのでしたら、弊社にお任せください。弊社は、賃貸マンション管理をスムーズに行えるように、国土交通省のガイドラインに則った確かな原状回復工事をいたします。念入りに物件をチェックした上で見積もりをお渡ししておりますので、万が一追加工事が発生しても見積もり金額以上の費用を頂く事はありません。大阪を中心に関西圏の原状回復工事、内装リフォーム、フローリングクロス貼り替えなどを承っておりますので、お気軽にご相談ください。

-コラム
-, , , , ,

Copyright© 内装リフォーム 原状回復工事 内装工事 改装 大阪 賃貸物件 2012 All Rights Reserved.  Powered by san-A recias.