原状回復を知ろう

更新日:

不動産管理者様、入居者様との間でトラブルの種となるのが原状回復に関する事です。こちらでは原状回復に関する豆知識をご紹介していきます。

 

原状回復義務とは

オフィスや部屋を借りている入居者様が退去する際、元の借りた時のような状態に戻さなければならないという、民法によって定められた義務を原状回復義務と言います。原状回復は入居者様・不動産管理者様のどちらが負担するのかというのは法律でも明確にされていません。

しかし、トラブル防止のために国土交通省が全国統一のガイドラインを示し、双方の負担割合も浸透しつつあります。例えば、経年劣化によるクロス貼り替えや壁の日焼けなど、入居者様に過失のない原状回復は不動産管理者様の負担となります。反対にタバコを吸った事で壁に付着したヤニ汚れ、画鋲やビスなどで壁に穴を開けるなど、注意を怠ったために室内を傷つけたと判断されるものは入居者様の負担になる可能性があるのです。

 

原状回復しなければならない理由

原状回復は未来の入居者様に気持ちよく入居してもらうために必要な工事です。リフォーム会社などを利用し、室内を快適な環境に作り上げる事で、人気のある賃貸物件に生まれ変わります。

その中でも、原状回復はベースとなる部分を元に戻す事に目的がありますので、快適な環境作りをしていくうえで重要なのです。築年数が経過していても、室内が綺麗な状態に維持されていれば、入居者が途絶える事はないでしょう。原状回復には長く空き室を作らないための役割もあると言えます。

大阪マンションやアパート、店舗、オフィスなどの原状回復・リフォームの事なら弊社にお任せください。リフォーム会社選び方も様々ですが、やはり信頼ある会社に依頼したいものだと思います。弊社は実績多数、リピート率95%と信頼を勝ち取り、大阪を中心とした関西地域で活躍しています。

ホームページでは施工事例もご紹介しておりますので、ご覧ください。他社と比較されるのでしたら、まずは無料見積りのご依頼をお待ちしております。一度出した見積りから、再度工事費用を上乗せさせる事はありません。安心と信頼のリフォーム会社をお探しでしたら、ぜひ弊社をご利用ください。

-コラム
-,

Copyright© 内装リフォーム 原状回復工事 内装工事 改装 大阪 賃貸物件 2012 All Rights Reserved.  Powered by san-A recias.