バリアフリー住宅作りのポイント

更新日:

バリアフリーとは、高齢者に限らず行動能力の違いがあっても同じような生活が出来るように、障壁になっている部分を取り除く事を意味しています。幅広い年齢層が暮らす住宅。また、何らかの身体的な障害をお持ちの方も共に暮らす住宅は、
家族みんなが不自由なく過ごせる環境でありたいものです。こちらではバリアフリー住宅作りのポイントをご紹介していきます。

手すりを設置する

支えがあると日頃の生活はとても楽になります。階段に手すりを設置すると、安全で楽に上り下り出来ます。玄関や浴室、トイレなどにも手すりを設置する事で、身体的負担が軽減されるだけでなく、転倒防止にも繋がるのです。

手すりの太さは3~4㎝が理想。壁面との間も3㎝以上だと握りやすく高齢者をサポートしやすい環境と言えます。

手すり

室内ドアの作り

室内ドアは開き戸よりも引き戸がおすすめです。開き戸の場合、意外と力が必要になります。引き戸は開閉のしやすさがありますので、高齢者にも優しい作りと言えます。トイレが内開きだと、トイレ内でもしもの事があった時に救出が困難になってしまう可能性があります。引き戸ならスムーズに救出出来るメリットもありますので、室内ドアの作りについても見直しましょう。

キッチンや洗面台の足元部分

立ち続ける事で足腰に大きな負担となってしまいます。キッチンに立って料理するのも、洗面所で歯磨きや顔を洗うのも座りながら出来れば過ごしやすい環境ではないでしょうか?

キッチンや洗面台の足元部分は座っても足が中に入るような作りなら車いすでも利用しやすいです。また、要介護者ではない方も疲れた時には座りながら作業する事が出来ます。将来を見据えて内装リフォームを行う事もご検討ください。

 

キッチン

 

クロス貼り替えフローリング張り替え、内装リフォームなどの施工業者を大阪でお探しでしたら弊社にご相談ください。
大阪近郊では相場のリフォーム費用でありながら、質の高い内装リフォームを実現いたします。リピート率95%という実績が何よりも信頼されている証拠です。まずは無料見積り依頼からでもお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

-コラム
-, , ,

Copyright© 内装リフォーム 原状回復工事 内装工事 改装 大阪 賃貸物件 2012 All Rights Reserved.  Powered by san-A recias.